山下メロwiki経歴年齢プロフィールは?ファンシー絵みやげってなに?

スポンサーリンク
著名人

 

2020年1月9日放送の「アウトデラックス」にファンシーグッズの保護活動をしている山下メロさんが出演しました!ファニーな見た目な山下メロさんを見てどんな人なのか気になった方は多いかと思います。

そこで今回は、山下メロさんの経歴プロフィール、ファンシーグッズとは一体何なのかを調査していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

山下メロのwiki風経歴プロフィール|年齢は何歳?

・名前 :山下 メロ(やました めろ)
・年齢:39歳
・生年月日1981年
・出身地:広島県
・職業:平成レトロ研究家、作家
・趣味:雑貨みやげ

山下メロさんは1981年生まれの広島県出身の39歳です。もともとは一般的なサラリーマンだったそうですが、ファンシーグッズを保護するために脱サラをされています。

現在は平成レトロ研究家として、1980年代前半から1990年半ばにかけて日本の観光地にあふれていた雑貨やお土産を「ファンシー絵みやげ」と名付けて、調査や保護活動を行っています。

山下メロさんはこれまで訪問した土産店は4,000店以上で、現在所持しているファンシー絵みやげは17,000種類以上になります。本を出版していたり、ラジオでコーナーを持っていたり、今回のアウトデラックス以外にもテレビ出演のありマルチに活躍されています。

結婚してるのか、彼女がいるのかも合わせて調査したのですがどちらもわかりませんでした。見た目はかなり派手な方ですが、こういった方って意外と綺麗な奥さんがいたりしますよね。

 

スポンサーリンク

山下メロの「ファンシー絵みやげ」とは一体なに?

山下さんいわく、「ファンシー絵みやげ」の定義は、

・「MORI NO NAKAMA」のようにローマ字を使った日本語表現を使用されている
・動物は擬人化され、2頭身の子供っぽい雰囲気のキャラクターイラストが使用されている

というものになります。他にも蛍光色を取り入れた派手な色使いをしたものや、キーホルダー、のれん、文房具などと多様に商品展開していることが特徴になるみたいです。

山下さんの調査によると、この「ファンシー絵みやげ」が誕生したのは、1979年頃に北海道で販売されたキツネのモチーフにした商品が最初だったとのことです。擬人化された2頭身のキツネが人気となり、全国的な人気商品となりました。

しかしバブルがはじめて、旅行者の消費が減ってしまい数年後には「ファンシー絵みやげ」はお土産コーナーから姿を消していったそうです。

昔はいろんなお店に普通に並んであったのに、今では人々の記憶から消えてしまい、山下さんは「ファンシー絵みやげ」と名前を付けて保護活動を始めることに至ります。山下さんの自宅には9000種もの「ファンシー絵みやげ」が飾られています。

 

スポンサーリンク

山下メロは「ファンシー絵みやげ大百科」を出版

山下メロさんはラジオやテレビなどのメディア出演だけではなく、「ファンシー絵みやげ大百科」という本も出版されています。

これまで日本人の記憶から忘れ去られていた日本の観光地にあふれていた雑貨商品「ファンシー絵みやげ」の奥深い内容を書いてあるガイドブックになります。

 

 

スポンサーリンク

山下メロ出演のアウトデラックスの再放送・見逃し配信はある?

2020年1月9日放送の山下メロさん出演の「アウトデラックス」ですが、再放送や動画配信サービスによる見逃し配信はないのかも合わせて調査しました。

現在、TverやHulu、ネットフリックスなどの様々な動画配信サービスがありますが、どのサービスでも「アウトデラックス」の動画は配信されていませんでした。今回の放送ではないですが、フジテレビ公式サイトでアウトデラックスのスペシャル動画であれば見ることはできます。

フジテレビが運営しているFODプレミアムであれば課金ありとかであれば配信されてると思いましたが、こちらでもありませんでした。再放送の予定もいまのところないみたいです。

 

著名人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンダリンをフォローする
ブック&サムシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました