高橋昌太郎&サニーwiki経歴プロフィール!2人の関係は?

スポンサーリンク
著名人

 

今、海外の若者に70年・80年代の昭和ポップスがクールで斬新だとブームになっているそうです。
日本でも平成に生まれ、昭和ポップスを聞いたこともないはずの世代の間で密かなブームになっているとか。

現在20代世代の親、つまりリアルに昭和ポップスを聞いていた40代・50代が子育てをしながら聞いていた昭和ポップスに影響されてのことなのでしょうか。それともまったく新しい音楽のジャンルとして受け入れられているのでしょうか。

今日はそんな昭和ポップスに詳しい若者代表として、高橋昌太郎さんとサニーさんについて調べたことをまとめていきたいと思います。

 

「マツコの知らない世界」の見逃し配信・無料動画視聴はParavi(パラビ)で配信されています。今なら2週間無料のお試し期間があるので是非チェックしてみて下さい!

 

\2週間無料体験できます♪/
「マツコの知らない世界」を見る>>

無料体験の終了時期は未定なのでお早めにどうぞ

※無料体験中に解約しても料金はかかりません。

 

\1分でカンタン無料登録♪/

 

スポンサーリンク

マツコの知らない世界に高橋昌太郎&サニーが出演

ある特定の分野に情熱を燃やす人々をゲストに迎え、マツコ・デラックスさんにその想いを熱く語る番組「マツコの知らない世界」。

2020年4月28日では、「今、若者に大人気!昭和ポップスの世界!ベストテン復活!」と題し、平成生まれの昭和ポップス育ちの高橋昌太郎さんとサニーさんが出演されます。昭和ポップスは、最近、リミックスやカバーなどで次々に復活していますよね。

時代が彩る豪華さや、一発で心を掴まれるような印象的なイントロなど圧倒的なパワーを誇っていたシティーポップスと呼ばれる名曲の数々が、昭和の伝説的な番組「ザ・ベストテン」のセットで番組内で復活します。懐かしいはずなのに、今聞いても新しい昭和ポップスの世界を紹介されます。

 

スポンサーリンク

高橋昌太郎&サニーwiki風経歴プロフィール

今回、昭和ポップスの専門家として番組に出演する高橋昌太郎さんとサニーさんですが、どんな方たちなのでしょうか。まず高橋昌太郎さんですが、室井庸之さんとのユニット「the reverblue project」で活躍するソングライターデュオです。

「ソングライター」とは主にポピュラー音楽を作詞作曲する人です。高橋昌太郎さんはご自身で作った曲を、ご自身で歌っているわけではないので、「シンガーソングライター」ではないようです。「the reverblue project」として、文学座に所属する音道あいりさんへの曲も提供されています。

また昭和ポップス勉強家として、昭和ポップスの研究や素晴らしさを発信されています。

 

高橋昌太郎さんのツイッター:ReverblueThe
高橋昌太郎さんのインスタグラム:thereverblueproject

 

詳しい経歴などの情報はわかりませんでしたが、年齢は平成3年生まれの現在28歳か29歳です。インスタグラムでの投稿で、1988年に発表された池田政典さんの「Evening Blue」を作曲した高橋昌弘さんの息子であることも公表しています。

 

 

お父様も作曲家ということなので、幼い頃から少なからず影響を受けていたのではないでしょうか。高橋昌太郎さんは、YOUTUBEでこれまた伝説の歌番組である「夜のヒットスタジオ」を見て日夜勉強されているとか。「マツコの知らない世界」では寺尾聰さんの「ルビーの指輪」のイントロを熱く語っていらっしゃいます。

さてお次はサニーさんについてですが、職業はWeb制作・ライティングとのことです。平成4年生まれとのことですので、高橋昌太郎さんとは一つちがいですね。

サニーさんが運営する「70~80年代ヒット曲の総合サイト あなたの知らない昭和ポップスの世界」とインスタグラムには、サニーさんの昭和ポップスに対する愛が溢れていますし、昭和生まれの私としては、ノスタルジックな気持ちになり、ちょっと現実には返ってこられないほどです。

 

あなたの知らない昭和ポップスの世界:https://syowa-suki.com/
サニーさんのインスタグラム:syowa_suki

 

サニーさんがまだお腹の中にいる頃、お母様が井上陽水さんのコンサートに行かれており、胎児の頃から昭和ポップスを聞いていたそうです。中学の頃には、尾崎豊さんにハマり、放送委員会に入り尾崎豊さんの曲をバンバン流していたとか。

高校に入ると德永英明さんにハマり、21歳のときにYOUTUBEで中森明菜さんに出会い、衝撃を受け昭和ポップスの世界にどっぷりとハマってしまったそうです。サニーさん曰く、中森明菜さんはサニーさんのハート泥棒であり、夢先案内人だそうです。

その後、沢田研二さんを知りまたまた衝撃を受け、光GENJI、西城秀樹さん、村下孝蔵さん、ちあきなおみさん、世良公則&ツイスト、1986オメガトライブなどなど昭和ポップスという沼にハマり現在に至っているそうです。

 

スポンサーリンク

高橋昌太郎&サニーの気になる2人の関係は?

今回、お二人で「マツコの知らない世界」に出演しましたが、2人の関係は「友人」だそうです。
年齢も近い2人が、世代のちがう昭和ポップスに惹かれ出会ったのも何かの縁でしょうね。
2人の昭和ポップスに対する熱い想いはきっとマツコさんだけではなく、全国の視聴者にも伝わることでしょう。

この番組をきっかけに、さらなるブームを巻き起こしていただきたいと個人的に切に願っております。

 

スポンサーリンク

まとめ

4月28日オンエアのTBS系「マツコの知らない世界」に、平成生まれの昭和ポップス育ちの専門家として登場する高橋昌太郎さんとサニーさんについてまとめてみました。

2人ともまだ情報が少なく、プライベートなことなどはほとんどわかっていませんが、今後、新しい情報が入れば更新していきます。今の時代、YOUTUBUなどのコンテンツで情報が入手できます。

その時代、まだ生まれていなかった彼らのような若い人たちには、まったく新しい音楽として心に響くものがあるのかもしれませんね。これからも2人の活躍に期待したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「マツコの知らない世界」の見逃し配信・無料動画視聴はParavi(パラビ)で配信されています。今なら2週間無料のお試し期間があるので是非チェックしてみて下さい!

 

\2週間無料体験できます♪/
「マツコの知らない世界」を見る>>

無料体験の終了時期は未定なのでお早めにどうぞ

※無料体験中に解約しても料金はかかりません。

 

\1分でカンタン無料登録♪/

 

著名人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フレンズをフォローする
ブック&サムシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました