南野拓実のリバプールでのポジションはどこ?海外の反応最新情報

スポンサーリンク
サッカー

 

かねてより噂されていた南野拓実選手のリバプール移籍が正式に発表されました!

フットボール生誕の地であるイングランドで創設100年以上の歴史ある名門リバプール史上初の日本人プレイヤ―となります。これまで海外メディアやクロップ監督の移籍を匂わすような発言はありましたが、現地時間の2019年12月19日、リバプールの公式サイトで遂に正式に発表されました。

今回は、南野拓実がリバプールに2020年1月1日をもって晴れてリバプールのメンバーになることを受けて、リバプールでのポジションはどうなるのか、熾烈なポジション争いを繰り広げることになる選手、海外の反応についてまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

南野拓実のリバプール移籍が正式決定!

サッカーファンとしてもちろん、わたしはクロップ監督が就任してから個人的にリバプールの大ファンですので今年で一番嬉しいニュースかもしれません!

Jリーグのセレッソ大阪からオーストリアのザルツブルクにステップアップ移籍を果たして早5年。国内では強豪チームなので、これまでに国内リーグ制覇やチャンピオンズリーグに出場することはありました。海外のリーグとはいえ、世界5大リーグから比べるとやはりまだまだレベルは全然違います。

同じ日本代表のチームメイトでもある長友選手は「今の日本代表には海外のビッグクラブにいる選手がいない。誰かがいかないと日本は今よりもっと上にはいけない。」との発言をされていました。現在の日本代表選手はJリーグの選手より海外でプレイしてる選手の方が多いのは事実です。

ですが、長友選手の言うようにオーストリアやドイツ、スペインの2部、ポルトガルなどのクラブチームに在籍している選手がほとんどでした。リバプールと同じイングランドのプレミアリーグのクラブチームに在籍している選手もいますが、吉田麻也選手のサウサンプトン、武藤嘉紀選手のニューカッスルは贔屓目に見てもビッグクラブとは呼べません。

かつては、この発言をした長友選手のインテルミラノ、香川真司選手のマンチェスターユナイテッド、本田圭佑選手のACミラン。こういった世界のビッグクラブに日本人選手が在籍していました。

3人とも現在は晩年を迎えて違うチームでプレイしています。そしてこの数年間、ほんとの意味でビッグクラブと呼べるクラブチームに移籍する選手はいませんでした。

その沈黙を破り、正真正銘のビッグクラブ「リバプール」へと移籍をした南野拓実選手、まじで最高です!(久保建英選手は現在マジョルカにレンタル中なので別枠)

南野拓実選手はリバプールの公式サイトで、「これが僕の夢だった。その夢が叶ったことに興奮している」と喜びのコメントを残しています。

2020年1月1日からチームに合流して、早ければ現地時間の1月5日のエバートン戦(FAカップ3回戦)でデビューする見込みとなっています。背番号は18番です。

英BBC通信の情報によると、南野拓実選手の移籍金は725万ポンドで日本円で約10億4,000万円になります。日本人の移籍金ランキングでは、清武弘嗣選手がハノーファーからセビージャに移籍した時の650万ユーロ(約8億1250万円)を更新する8位の快挙になります。

ちなみに1位は日本代表10番の中島翔哉選手の3500万ユーロ(約43億7000万円)です。

 

スポンサーリンク

南野拓実のリバプールでのポジションとポジション争いをするライバル

 

リバプールは名将クロップ監督が就任してから南野選手に注目していたみたいです。攻撃面で多くの位置をこなせることと守備での貢献度を評価していて、クロップ監督はブラジル代表であるFWフィルミーノの代役候補として考えてるとのこと。

2019年12月現在、プレミアリーグ2連覇中の絶対王者マンチェスターシティに勝ち点差10ポイント以上をつけて無敗で首位をキープしてるリバプールが誇る最強の3トップのサラー、マネとトリオを組む可能性が考えられます。

4―2―3―1布陣で日本代表と同様にトップ下でプレーすることが予想されます。フィルミーノは現役の9番で世界一と呼びごたえ高い選手なのでレギュラーは正直難しいです。フィルミーノのターンオーバー要因として、シャキリ、ララーナ、チェンバレンあたりが当面のライバルになりえると思います。

ザルツブルクでは主力選手として攻撃陣をけん引していますが、リバプールでの試合出場は減るでしょう。しかし各国の代表選手が集まった世界最高峰のクラブチームでの練習、レギュラー争いはかなり学ぶものが多いと思います。リバプールでの活躍に期待したいです。

 

スポンサーリンク

南野拓実の海外の反応は?2019年最新情報

 

南野拓実選手のリバプール移籍に歓喜しているのは日本だけにとどまりません。海外での南野拓実選手移籍の反応をまとめていきます。

 

リバプールへようこそ!我々は南野拓実選手を歓迎します!

725万ポンドで南野拓実選手を獲得できたのはお買い得!

南野おめでとう!このような非常に高い評価を得ているヨーロッパのエリートリーグの1つでプレーすることは、すべてのプレイヤーの夢です。彼はファンからのすべてのプレッシャーを克服するだろうと思う。

リバプールへようこそ!チームにとっても絶対に素晴らしい移籍になる。南野拓実選手は才能あるプレーヤーだから時間はかかるかもしれないが適応できる!

リバプールが彼を永遠にベンチに置いて無駄にしないことを真剣に願っています!

チャンピオンズリーグでのリバプール戦がすべてだ。それ以外に何も語ることはない。アンフィールドで待ってる。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はリバプールに移籍することが正式に発表された南野拓実選手のポジション、熾烈なポジション争いを繰り広げる選手についてまとめてきました。久保建英選手のレアルマドリードしかり、今年は日本サッカー界に明るい話題で持ち切りでした。

今後の南野拓実選手の活躍、それに刺激を受けた他の日本人選手の活躍を期待していきたいです!

 

サッカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンダリンをフォローする
ブック&サムシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました