窪田正孝ドタキャン理由はなぜ?代役は誰?結婚して人間性・性格が変わった?【舞台酔いどれ天使】

スポンサーリンク
ニュース速報

 

2021年3月23日、人気俳優の窪田正孝さんが主演舞台をドタキャンしていたことが週刊女性により報じられました。急なキャンセルだったために所属事務所は謝罪行脚にまわっているとのことです。

そこで今回は、窪田正孝さんが主演舞台を本当にドタキャンしたのかどうか、ドタキャン理由の真相について調査していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

窪田正孝が主演舞台をドタキャン報道

公演は、9月に明治座から始まるという。だがこの発表の裏側では、“ある事件”が起きていた。

「実は、もともと窪田正孝さん(32)が主演を務めるはずだったんです。1月の時点では、ポスター撮影のスケジュール調整もしていました。なのに発表2週間ほど前に突然、降板が伝えられました。

理由を聞いたところ、『窪田さんが新型コロナウイルスへの感染リスクを考えた末に降板したいと申し出た』とのことでした。周囲は必死に説得したようですが、彼は最後まで意思を曲げなかったそうです」(前出・舞台関係者)

ただ、この決断に関係者からは疑問の声が上がっている。

「まだ発表されていませんが、窪田さんは10月期のドラマ『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)に出演しています。すでにクランクインしているのですが、彼はその撮影には参加しているのです。

観客のいる舞台のほうが、ドラマより危険という判断なのかもしれません。ただあれほどの作品をドタキャンするほど、リスクに差があるのでしょうか。劇場側も対策はとるでしょうし。それに、そもそも舞台での感染リスクの話なんて最初からわかっていたと思うのですが……」(芸能関係者)

引用元:ヤフーニュース

ネットニュース記事には、【コロナ感染予防】といった理由でキャンセルしたみたいですが、同じタイミングで収録が始まったドラマには出演してることで今回の報道につながったんでしょうね。

また、結婚したことで大きく生活スタイルが変わったんじゃないかということも報じられています。

 

スポンサーリンク

窪田正孝が主演予定だった舞台は?代役は誰?

【舞台:酔いどれ天使】

戦後の人々が命を燃やすように生きる姿を描き出す

ある夜、ピストルの傷の手当てを受けに、闇市の顔役の松永(桐谷健太)が真田(高橋克典)の元へやってくる。

真田は闇市の界隈に住む人々を診る町医者で、酒が好きで口は悪いが、心根は優しく一流の腕の持ち主。顔色が悪く咳込む松永を一目見て肺病に侵されていると判断し治療を勧めるが、松永は言うことを聞かずに診療所を飛び出し、闇市の居酒屋で働く同郷の幼馴染ぎん(佐々木希)の元へと向かう。
戦後の混乱の中、松永の采配によって落ち着きを保っていた闇市だったが、松永の兄貴分の岡田(髙嶋政宏)が出所し、闇の世界の力関係に変化が起きていくのであった……

引用元:公式サイト

公式サイトのキャストを確認すると、

・桐谷健太
・高橋克典
・佐々木希
・髙嶋政宏

の4名でした。この中から窪田正孝さんの代役となると、おそらく桐谷健太さんではないかと予想できます。桐谷健太さんも人気俳優ですから、スケジュールが取れたことがすごいですね。

 

スポンサーリンク

窪田正孝が主演舞台をドタキャンした理由の真相は?ネットの反応

ネットの反応を見ると、性格や仕事の選び方の考え方が変わったのではなく奥さんである水川あさみさんが妊娠してるから配慮したんではないか?という声が多かったですね。

そこまで、否定的な意見が多くなくて個人的には安心しました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ニュース速報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フレンズをフォローする
ブック&サムシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました