井本陽久(栄光学園)経歴プロフィール!いもいもとは?【プロフェッショナル】

スポンサーリンク
著名人

 

2020年1月7日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」にカリスマ数学教師である井本陽久さんが出演。

 

 

そこで今回は、井本陽久さんの経歴プロフィール、「いもいも」とは一体なんなのか調査していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

井本陽久の経歴プロフィール

・名前:井本陽久(いもと はるひさ)
・年齢:50歳
・生年月日:1969年
・出身地:神奈川県
・出身中学:栄光学園中学校
・出身高校:栄光学園高等学校
・出身大学:東京大学工学部精密機械学科
・職業:数学教師

井本陽久さんは神奈川県の進学校である栄光学園高等学校を卒業後、東京大学へと進学しています。さすがカリスマ数学教師だけあって素晴らしい学歴ですね。

東京大学で教員免許を取得してから母校の栄光学園の数学教師となります。そして数学教師として勤務してるだけではなく自ら「いもいも」という塾を主宰して子供たちに授業を行っています。この「いもいも」に関して詳しくは後述します。

現在は栄光学園の教師よりも「いもいも」での活動を熱心に行っています。また、本人が執筆したものではないですが、著書も出版されています。

 

いま、ここで輝く。 超進学校を飛び出したカリスマ教師「イモニイ」と奇跡 [ おおたとしまさ ]
created by Rinker

 

スポンサーリンク

井本陽久は結婚してる?

井本陽久さんは50歳になります。(2020年1月現在)

結婚してお子さんがいらっしゃってもいい年齢ですよね。井本陽久さんが結婚しているのかどうかも調べてみたのですが、こちらに関してはわかりませんでした。

井本陽久さんは、栄光学園での数学教師、「いもいも」の運営、塾講師、児童養護施設での学習支援などと多岐に渡って活動されているのでかなり多忙なスケジュールなのが容易に推測できます。個人的には井本陽久さんは子供は大好きだけど、多忙さゆえに独身でここまで過ごされたのかと思います。

 

スポンサーリンク

井本陽久主宰の「いもいも」とは一体なに?

子どもたちの存在そのものをまるごと承認し、子どもたちが安心して学びに没頭できる場を作る。 子どもたちのかけがえのない感受性をそのまますべて認め、なぜそう感じるのか、そのゆるぎない根拠を、 子どもたち自身とともに試行錯誤を繰り返しながら探る。それらを徹底することで、彼ら/彼女らが、 いつでも自分自身のまま、他者を尊重し、確かな人生を歩んでいけると、私たちは考えています。

「いもいも教室」は、数学教師・井本陽久による数理思考力の教室として始まりました。 そして思考力とは何か、学びとは何かを、日々深く考え、さまざまに試行錯誤するなか、 子どもたちのありのままを認めることこそが重要であることに気づきました。
現在は、授業内容は「子どもたちがありのままに輝くこと」を主眼としたものに変化しています。

ありのままの自分自身であるところからしか、「問い」は生まれません。その問いを発端に、 自分が持っているものを駆使し、試行錯誤しつつ、自分のやり方で「わからないこと」や「不思議なこと」に 挑むことこそが、思考力の本質です。

常にありのままの自分自身でいることで、初めて本質的な思考力を発揮できるのです。

出典:「いもいも」公式サイト

「いもいも」とは井本陽久さんの考えに共感した花まる学習会代表の高濱正伸氏の協力のもと始まった学習塾になります。現在は東京、埼玉、神奈川の3つに教室があります。

 

・お茶の水教室:東京都千代田区神田駿河台4-4-5駿河台スピックビル5階
・東戸塚教室:神奈川県横浜市戸塚区川上町90-6東戸塚ウエストビル2階
・南浦和教室:埼玉県さいたま市南区南本町1-10-1南浦和朝日ビル2階

 

「いもいも」の授業では教科書を一切使わずにノートもとらないみたいです。

「できる・できない、正解・不正解に意味はない。大切なのは自分の頭で考えること」という理念を持っていて答えを教えるのではなく、自分で考える力を育てる教育を行っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2020年1月7日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」出演の井本陽久さんの経歴プロフィール、主宰されている学習塾「いもいも」についてご紹介してきました。

井本陽久さんの授業を受けた人でこれまで数学オリンピックや数学甲子園の上位入賞者など、何人も輩出しています。わたしも井本陽久さんみたいな先生から授業を教えてもらっていたら今とはまた違う人生を歩んでいたのかな、と切に思います・・・。

 

 

著名人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンダリンをフォローする
ブック&サムシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました