古川真人(作家)のwiki経歴プロフィール|背高泡立草が芥川賞受賞

スポンサーリンク
著名人

 

第162回芥川賞(日本文学振興会主催)の選考会が2020年1月15日、東京築地の新喜楽で開かれて古川真人さんの「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」が選出されました。

そこで今回は、作家の古川真人さんの経歴プロフィールについて調査していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

芥川賞に古川真人の「背高泡立草」が選出

第162回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞に古川真人さん(31)の「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(すばる10月号)、直木賞に川越宗一さん(41)の「熱源」(文芸春秋)が選ばれた。副賞は各100万円。贈呈式は2月下旬、東京都内で開かれる。

出典:朝日新聞デジタル

 

created by Rinker
¥1,540 (2020/07/03 21:45:00時点 楽天市場調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

古川真人のwiki経歴プロフィール

・名前:古川 真人(ふるかわ まこと)
・年齢:31歳
・生年月日:1988年7月29日
・出身地:福岡県福岡市
・住所:神奈川県横浜市
・出身高校:第一薬科大学付属高等学校
・最終学歴:國學院大学文学部中退
・職業 小説家

古川 真人さんは福岡出身の31歳です。第一薬科大学付属高等学校を卒業して、國學院大学文学部に進学しますが中退しています。そこから小説家として筆をにぎり、第48回新潮新人賞を受賞します。今回「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」で見事芥川龍之介賞に選出されましたが、「縫わんばならん」、「四時過ぎの船」、「ラッコの家」の過去3作品でも候補にノミネートされています。

 

スポンサーリンク

古川真人は結婚してるの?

古川さんが結婚してるのかどうかも調べてみました。古川さんは現在31歳なので結婚されていてもお子さんがいてもおかしかない年齢です。

ネットニュースやSNSなどいろいろと調べてみましたが、結婚してるかどうかの情報が確認できませんでした。でも古川さんのご家族の情報は確認することができました。

芥川賞を受賞した「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」の舞台にもなってる的山大島にご家族は住んでいるみたいです。この島は人口1000人ほどしかいない非常に小さい島です。お母さまの千穂さんとおばあちゃんの内田玲子さんが的山大島で食料品店を営んでいるみたいです。「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」の中では的山大島の光景や方言などが使われています。

 

スポンサーリンク

古川真人の作品

古川さんは、「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」以外にも多数の本を出されています。今回の芥川賞受賞で他の本もこれから注目されそうですね。

【単行本】
・2017年:『縫わんばならん』 新潮社
・2017年:『四時過ぎの船』新潮社
・2019年:『ラッコの家』文藝春秋

【単行本未収録作品】
・2018年:「窓」『新潮』2018年7月号 掲載
・2019年:「タイマイ異聞」『新潮』2019-07
・2019年:「背高泡立草」『すばる』2019年10月号 掲載

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は芥川賞を受賞した古川真人さんの経歴プロフィールについて調査した結果をまとめてきました。「背高泡立草」はお母さんとおばあちゃんの住む的山大島が舞台になってるみたいなので、著書だけではなく的山大島にも注目が集まりそうですね。

 

著名人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンダリンをフォローする
ブック&サムシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました