唐沢菜々江(クラブNanaeオーナーママ)鼻は整形?wiki経歴プロフィール|学歴年収も調査!

スポンサーリンク
著名人

 

銀座と聞くと、高級なイメージで、庶民にとってはなかなか敷居が高いイメージがあります。
そんな銀座で20年以上も活躍している唐沢菜々江さんについていろいろと調査してみました。

 

スポンサーリンク

銀座『クラブNanae』オーナーママの唐沢菜々江が『ザノンフィクション』に出演

唐沢菜々江さんは、銀座の一等地に3階建てのビルをまるごと借り上げ、2018年6月にクラブNanaeをオープンさせたオーナーママです。これまでにも数々のテレビ番組にも出演されていますが、2020年5月3日(日)のフジテレビ系の「ザ・ノンフィクション」に出演されます。

今や世界中に猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、東京都の外出自粛要請や政府の緊急事態宣言により夜の銀座から人々が消えてしまいました。ついこの間までは、月に何千万円もの売上があり、新規事業の美容サロンのオープンも控えていましたが、工事も完全にストップ。クラブNanaeも休業に追い込まれてしまいました。営業再開の見通しが立たないまま赤字が増え続けます。

なんとか倒産を免れようと金策に奔走する唐沢菜々江さんに密着するドキュメンタリー番組です。

 

スポンサーリンク

唐沢菜々江の鼻は整形?|wiki風経歴プロフィール

唐沢菜々江さんは、1974年4月9日、東京都に生まれます。幼稚園から千葉県内で過ごし、中学からは埼玉県で暮らしていました。18歳のときに、たまたま友人と遊びに行ったスナックで、手伝ったことがきっかけで夜の世界に入ります。

地元のスナックから千葉や上野のキャバクラなどを経て、25歳でスカウトされ銀座のクラブでホステスとしてデビューします。以降、銀座の高級クラブを渡り歩き、2009年からは経営者として、カラオケワインバーなどを経営していましたが、満を持して2018年6月に銀座にクラブNanaeをオープンしました。

21歳の時に長男を出産しています。結婚もされていたようですが、現在は独身ですので、息子さんのお父さんとはすでに離婚されているようです。長男を出産して一ヶ月後にはキャバクラの仕事に戻ったそうです。

子供を出産してすぐに夜の仕事に戻ったのは、お金が必要で、他の選択肢はなかったとご本人がインタビューで答えていらっしゃいます。このあたりに離婚の原因がありそうですね。

そもそもキャバクラとクラブのちがいとは何なんでしょうね。いろいろと経営的にも仕組みがちがうようなのですが、一般的にはキャバクラは比較的年齢の若い女性が接客をしてくれるようですね。格というかそのあたりもクラブのが上のようです。

ほとんどのクラブは会員制で、一見さんお断りです。つまりふらっと店の前を通ったから入ってみよう、と思っても入れてはくれません。全国各地にクラブと呼ばれるところはありますが、銀座のクラブは特別なしきたりがいろいろあるようです。もちろん厳しい世界ですから、入れ替わりも激しいようです。

そんな銀座で20年以上も第一線で活躍されている唐沢菜々江さん、ただ者ではありません。唐沢菜々江さんは、ある時に山奥で車が動かなくなって遭難しかけたことがあったそうです。その時に、「最後は仏門に入るので、生きて返してください」と念じていたら、朝になり、車が動いたとか。そんなことがあったので、いつかは出家するとおっしゃっていますが、その前に再婚もしたいのだそうです。

旦那様に尽くし終えたら、仏門に入り、旦那様のお墓とともに無縁仏などのお墓を守りたいと話しています。今は起きている間のほとんどすべての時間をお客さんのために使っているという唐沢菜々江さんですが、たった一人の旦那様に尽くす日を夢見ていらっしゃいます。

ところで、唐沢菜々江さんですが、とてもお美しく、とても44歳には見えません。接客という仕事柄、もちろん美容にはとても気も、お金も使っていらっしゃるのでしょうね。そんな唐沢菜々江さんが整形しているのではないかという噂もチラホラあります。

特にきれいな鼻筋の鼻があやしい、と思っていろいろ調べてみましたが、整形しているという事実は確認できませんでした。というか、お若い頃とまったく変わっていませんし、息子さんとの2ショット写真もありますが、息子さんと鼻、そっくりです。ということで、たぶん鼻は整形ではないと思います。

 

スポンサーリンク

唐沢菜々江の学歴や年収は?

唐沢菜々江さんですが、埼玉県立大宮光陵高等学校の外国語コースに入学しますが、両親の離婚などで経済的に困窮してしまったのでしょうか、中退しています。その後、埼玉県立春日部高等学校の定時制に編入し、昼間は働きながら卒業しています。

銀座のクラブのママというのは、プロ野球選手と同じように年棒制なのだそうです。細かい契約内容があり、固定部分と歩合部分とがあり、もちろんノルマもあるようです。売上が契約通りにあがらなければ、契約打ち切りという厳しい世界です。

唐沢菜々江さんが雇われママ時代には、「2億円売り切り契約」という契約だったそうです。おそらく唐沢菜々江さんが2億円売上をあげることで、いくらかの報酬を得られるということなのでしょうが、金額がすごすぎて想像もできませんね。

2億円も店の売上をあげるのですから、唐沢菜々江さんが受け取る報酬も、普通のサラリーマンなどが逆立ちしてももらえない金額でしょう。ホステスと呼ばれる女性たちも時給は8,000円~25,000円で募集されています。日給ではなく、時給ですよ?

唐沢菜々江さんの経営するクラブNanaeの詳しい料金はわかりませんが、銀座の高級クラブと呼ばれるお店では座るだけで4万~5万円とも言われています。ホステスさんもお客さんも、一般庶民とは違う世界の人のようですね。

しかし昨今のコロナ渦で、世の中はたいへんなこともなっています。唐沢菜々江さんの経営するクラブNanaeも現在は休業をしています。大成功をしているように見える唐沢菜々江さんですが、、クラブNanaeも相当な額を借金して開業しているそうですので、現状はとても厳しい状況でしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

5月3日に放送されるフジテレビ系「ザ・ノンフィクション」に出演される銀座のクラブNanaeのオーナーママである唐沢菜々江さんについてまとめてみました。

華やかなでありながら、裏側はとても厳しい世界。特に今のコロナ渦の中、きっと菜々江ママもたいへんな状況でしょうが、銀座という町で再び輝く日がくることを信じています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

著名人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フレンズをフォローする
ブック&サムシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました