黒木悠輔(福男2020)の大学経歴プロフィールは?野球部監督で顔画像がイケメンとネットで話題に

スポンサーリンク
ニュース速報

 

商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社西宮神社で2020年1月10日、本殿参拝の一番乗りを競う毎年恒例の「福男選び」があり、黒木悠輔さんが見事一番福を勝ち取りました。

そこで今回は、見事令和初の一番福を勝ちとることができた黒木悠輔さんの経歴プロフィールについて調査していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

2020年の福男は黒木悠輔

商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)で10日、本殿参拝の一番乗りを競う恒例の「開門神事福男選び」があり、約5000人が参加した。

トップの「一番福」は大阪府立藤井寺工科高の保健体育教諭、黒木悠輔さん(33)が13度目の挑戦で勝ち取った。「二番福」は兵庫県の西宮市立西宮高1年、藤本陽紀(はるき)さん(15)、「三番福」は川崎市の川畑陽平さん(27)だった。

午前6時、大太鼓の音が鳴り響き表大門が開かれると、くじで決まった先頭グループの108人が飛び出し約230メートル先の本殿を目指し、境内を走り抜けた。 黒木さんは13度目の挑戦で初めて先頭グループとなる、くじ番号は「31」を引き当てた。3列目の真ん中からスタートダッシュを決めると、途中から独走状態で本殿に駆け込んだ。

参加者から「ふっくおっとこ」のコールで祝福された黒木さんは「びっくりの一言です。充実した1年を過ごして、みなさんに福を分け与えたい」と話した。藤井寺工科高では硬式野球部の監督を務める。現在、部員は10人。監督就任4年目だが、夏の大阪府予選では未勝利。“福男監督”は「なんとか夏に1勝したい」と目標を掲げた。

「二番福」の藤本さんは陸上部に所属し、100メートルは11秒台前半の健脚の持ち主。初参加でくじ番号は「67」だったが「6列目からスタートでしたが、自信はありました」と笑顔。「三番福」の川畑さんは、就職活動中。「青春18きっぷが余っていたので、急きょ参加を決めました。ちょっと人生でつまずいていたので、前を向けるきっかけになればと…」。初参加でくじ番号「7」を引き当て、最前列の中央からスタートダッシュを決めた。

出典:日刊スポーツ

黒木さんは13度目の挑戦で見事、令和初の一番福を勝ち取ることができました!100メートルを11秒台で走るほどの走力をもってしても13度目というのが、この一番福を勝ち取ることの難しさを物語っていますよね。

開門時間の午前6時の気温は7,5度と例年に比べるとかなりあまり寒さもなくコンディションはよかったみたいです。2020年は令和元年なので、「令和初の一番福」を目指して集まった人数はなんと5000人。その中で一番福を勝ち取った黒木さんの今年は素晴らしい1年になるでしょうね。

 

スポンサーリンク

黒木悠輔の高校大学はどこ?経歴プロフィール

・名前:黒木悠輔(くろき ゆうすけ)
・年齢:33歳
・生年月日:1986年
・住所:大阪府堺市
・出身高校:不明
・出身大学:不明
・勤務先:大阪府立藤井寺工科学校

黒木悠輔さんは現在、藤井寺工科高校の保険体育の教諭をされてる方になります。硬式野球部の顧問を4年前から務めていらっしゃいます。一番福に選ばれた際にインタビューで「なんとか夏までに1勝したい」と仰っていて生徒さん思いの良い先生であることが伺えました。

ただ調べてみるとこちらの高校の野球部の部員は10名ほどしかいないみたいなので、かなり難しいかもしれません・・・。一番福効果で部員が増えればいいですね。

合わせて黒木さんが結婚しているのか、彼女はいらっしゃるのかも調査したのですがこちらの情報に関しては何も判明しませんでした。

 

スポンサーリンク

黒木悠輔が2020年令和初の福男になったネット上の反応

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は令和初の一番福を勝ち取った黒木悠輔さんについての情報をまとめてきました。現役の高校教師(保健体育)で、100メートル11秒台という黒木さんでも13度目挑戦で初めての一番福。

一番福を勝ち取った際のインタビューからも生徒思いの一面が垣間見えてなんだかほっこりしたニュースでした。黒木さんも野球部のみなさんも素晴らしい1年になるといいですね!

 

ニュース速報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンダリンをフォローする
ブック&サムシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました