済生会有田病院新型肺炎コロナに感染した70代男性の名前は誰で特定?転院先病院はどこ?

スポンサーリンク
ニュース速報

 

2020年2月13日、和歌山県湯浅町の済生会有田病院で男性の外科医が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。さらに、この医師とは別に一時入院していた70代の男性も新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。

SNS上では、「もうすでに3次感染、4次感染がはじまってる。早い段階で中国からの入国を止めなかった政府に責任がある」、「病院内での感染がいちばんやばい」などとかなりの話題になっています。

そこで今回は、済生会有田病院で受診した医師から感染したとみられる70代男性の情報についてまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

済生会有田病院で70代男性も新型肺炎コロナウイルスの感染を確認

13日、男性の外科医が新型コロナウイルスに感染していることが確認された和歌山県湯浅町の済生会有田病院で、この医師とは別に一時入院していた70代の男性も新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。県によりますと、男性の症状は重いということです。

和歌山県などによりますと、この男性は、発熱などの症状が出て別の医療機関に入院していましたが、症状が重く、今月6日に済生会有田病院に転院し県が検査をしていました。男性は症状が重く、すでに別の病院に移って治療を受けているということです。

仁坂和歌山県知事は「済生会有田病院内で感染が広がったとは言えない」という見解を示しました。県では、肺炎の症状が出ている残る2人についても感染していないかどうかウイルス検査を急ぐことにしています。

引用元:NHKニュース

 

スポンサーリンク

済生会有田病院で新型肺炎コロナウイルスに感染した70代男性の名前は誰で特定?転院先病院はどこ?

済生会有田病院の50代医師が新型肺炎コロナウイルスに感染して、受診したことで感染した70代男性。現在判明してる情報は下記になります。

 

・名前:不明
・年齢:70代
・住所:和歌山県内
・職業:農家

 

すべてのニュース記事と厚生労働省のホームページに目を通しましたが、70代男性の名前や詳しい情報に関しては明記されていませんでした。

また、現在は済生会有田病院ではない病院に入院してるとのことなのですが、こちらも判明しませんでした。詳しい情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

済生会有田病院での感染拡大に対するネットの反応

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は済生会有田病院で受診の時に医師から、新型肺炎コロナウイルスに感染して現在入院中の70代男性についての情報についてまとめてきました。

済生会有田病院での感染は医師と患者を合わせると3名になります。今後さらなる拡大がないことを祈りたいと思います。詳しい情報が入り次第随時追記していきたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

ニュース速報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンダリンをフォローする
ブック&サムシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました