板東寛司(写真家)wiki経歴プロフィール!年収や家族も調査!

スポンサーリンク
著名人

 

今回は写真家の板東寛司さんについて解説していきます!猫専門のカメラマンとして活動されている事で知られ、その作品はとても可愛らしいものばかりです。

そして近日、あの人気番組「マツコの知らない世界」に出演されるのでその詳細から板東寛司さんの経歴、年収まで明らかにできればと思います!

 

「マツコの知らない世界」の見逃し配信・無料動画視聴はParavi(パラビ)で配信されています。今なら2週間無料のお試し期間があるので是非チェックしてみて下さい!

 

\2週間無料体験できます♪/
無料で「マツコの知らない世界」を見る

無料体験の終了時期は未定なのでお早めにどうぞ

※無料体験中に解約しても料金はかかりません。

 

\1分でカンタン無料登録♪/

 

スポンサーリンク

板東寛司(写真家)が『マツコの知らない世界』に出演!

上記でもご紹介させて頂きましたが、板東寛司さんは2020年4月21日 (火) 午後 8時57分〜より放送される「マツコの知らない世界」に出演されます。

番組詳細は、招き猫を幸運を招くだけのものではなく、インテリアとしてオシャレな招き猫、海外でも外国人受けされる作品、さらに招き猫作家に夜激レア作品が紹介されます。そこで板東寛司さんが出演されますが、どのような立ち位置で出演されるのか楽しみですね!

 

スポンサーリンク

板東寛司(写真家)wiki風経歴プロフィール

こちらの章では板東寛司さんの経歴や過去の作品まで紹介できればと思います!

板東 寛司さんは1950年生まれで猫専門の写真家であり、風呂猫スタジオ代表の肩書きを持たれています。兵庫県神戸市出身で、千葉大学工学部写真工学科卒業され、出版社である映像製作会社勤務を経て、1991年に個人事務所「風呂猫スタジオ」を設立され、代表となっています。

また、1993年に妻の荒川千尋さんと共に日本招猫倶楽部も設立されています。愛知県瀬戸市に在する招き猫ミュージアムには、板東寛司さんと荒川千尋さんの個人コレクションが数千点相当、展示されているそうです。板東寛司さんは猫専門のカメラマン(キャトグラファー)として活動され、「ふつうの猫のふだん着の表情がいちばん」といった自然体の猫の表情をコンセプトに、一般家庭を訪問して猫を撮影されています。

2014年には撮影した猫の数が五千匹を超え、かなりの数の猫を撮影されています。人間の大切なパートナーとしての猫の、心なごむ写真を追求されており、写真集やオリジナルカレンダー、ポストカードとして作品を残されています。可愛らしい猫を単に撮られているだけではなく、テーマを持たれているので、作品に一貫性を感じられるかもしれませんね!

 

・『写真集「ぽて猫」』(1997年)
・『写真集「あじ猫」』(1997年)
・『猫の手』(1998年)
・『寝ん猫』(1999年)
・『写真集「ちびねこマニア」』(2000年)
・『写真集「ねこねんね 寝るより楽はニャかりけり」』(2001年)
・『猫パンチ!』(2001年)
・『なごみねこ写真術−かわいく撮れる15のヒント』(2002年)
・『写真集「子育て猫」』(2002年)
・『写真集「ねこつづり 猫文字はあなたを幸せにする!」』(2002年)
・『美猫の金曜日』(2002年)
・『写真集「猫の名前」』(2003年)
・『ねこの肉球完全版』(2003年)
・『スーパーモデル猫プリンちゃん ネコのお洋服屋さん』(2004年)
・『逢いたくなっちゃだめ』(2005年)
・『となりの猫の晩ごはん 簡単レシピつき写真エッセイ集』(2005年)
・『写真集「こねこ暮らし」』(2007年)
・『こねこ・ねんね』(2008年)
・『ネコカメ』(2008年)
・『ハコネコ』(2008年)
・『ねこ・ねんね』(2009年)

 

スポンサーリンク

板東寛司(写真家)の年収は?

こちらの章はカメラマンとしての板東寛司さんの年収について解説します。

正確な数値は公表されていませんので、あくまで予想です!まず写真家はフリーかフリーでないか、被写体は人間か景色か等によって収入が違うそうです。

会社に属しているカメラマンの平均年収は、口コミで380万円から550万円という予想で、独立して写真館のカメラマンとしてイベントなどの行事とタイアップできたら、年収1000万円も夢ではないそうです。

また、有名カメラマンだと、数千万円もらっている方もいるそうです。板東寛司さんの場合、年間200件の猫の写真を撮られ、それを出版社から商業出版しているので、主な収入源はそちらの収入(印税)ではないかと考えられます。招き猫やミュージアムについては、趣味とのお話もあるのでおそらく収入源としては考えられていないと思います。

印税の計算ですが、平均8%と仮説して、例えば、一冊1000円の本を1万部刷ると、1000×8%=80万円が印税です。これを年間3冊、同数だけ発行すると、80万円×3冊=240万円
ネコカレンダーなど大いに人気だと考えられ、再販されると、印税は印刷部数によるので契約によりますが数パーセントの印税が入ります。

この他に、ポストカードの販売や写真教室の講師業その他の収入もあると考えられるので50万円~100万円入り、最低でも460万円以上あるのではないでしょうか。あくまでも予想ですのであまりにも予想が下すぎると失礼ですね!もっと稼がれているのではないでしょうか!

 

スポンサーリンク

まとめ

カメラマンの板東寛司さんについて紹介してきましたが、猫を中心に写真を撮られ、多くの猫を撮影し、多くの作品を残されています。また、今回は「マツコの知らない世界」に出演されていますが、メディアへの出演もされていますので今後も様々な分野での活躍が楽しみですね!

 

「マツコの知らない世界」の見逃し配信・無料動画視聴はParavi(パラビ)で配信されています。今なら2週間無料のお試し期間があるので是非チェックしてみて下さい!

 

\2週間無料体験できます♪/
無料で「マツコの知らない世界」を見る

無料体験の終了時期は未定なのでお早めにどうぞ

※無料体験中に解約しても料金はかかりません。

 

\1分でカンタン無料登録♪/

 

著名人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンダリンをフォローする
ブック&サムシング

コメント

タイトルとURLをコピーしました