【2019年最新版】北海道コンサドーレ札幌全選手の推定年棒!!

スポンサーリンク
サッカー

 

昨シーズン4位で終わった我らがコンサドーレ。今シーズンもいまのところまずまずの成績で上位に位置していて週末のビールが美味しいです。

 

そのコンサドーレの選手たちの年棒って下世話な話し、どれくらいもらってるのか気になりますよね。ファンでなくてもあまりお金がないクラブチームというのはけっこう有名な話しですし・・・。

 

というわけで、いつもわたしたちを楽しませてくれる北海道コンサドーレ札幌の全選手の年棒をまとめました!

 

スポンサーリンク

北海道コンサドーレ札幌の在籍選手の年棒

選手名 推定年棒
アンデルソン・ロペス(25歳)FW 6500万円
ジェイ(37歳)FW 6000万円
ルーカス・フェルナンデス(25歳)MF 5200万円
ク・ソンユン(24歳)GK  3200万円
小野 伸二(39歳)MF 3200万円
宮澤 裕樹(29歳)MF 3000万円
駒井 善成(27歳)MF 2900万円
菅野 孝憲(35歳)GK 2800万円
石川 直樹(33歳)DF 2500万円
福森 晃斗(26歳)DF 2300万円
早坂 良太(33歳)MF 2300万円
鈴木 武蔵(25歳)FW 2300万円
チャナティップ(25歳)MF 2200万円
キム・ミンテ(25歳)DF  2000万円
荒野 拓馬(26歳)MF 1800万円
進藤 亮佑(23歳)DF 1600万円
中野 嘉大(26歳)MF 1600万円
深井 一希(24歳)MF 1400万円
岩崎 悠人(21歳)FW 1400万円
白井 康介(25歳)MF 1400万円
菅 大輝(20歳)FW 1200万円
中原 彰吾(25歳)MF 900万円
阿波加 俊太(24歳)GK 480万円
濱 大耀(21歳)DF 460万円
藤村 怜(20歳)FW 400万円
檀崎 竜孔(19歳)MF 360万円
中村 桐耶(18歳)DF 360万円

年棒順に記載しましたが、コンサで一番の高年棒でアンロペの6500万円。続いてジェイボスロイドの6000万。チャナティップよくこの年棒でコンサに完全移籍してくれたなー、って感じです。

 

この金額であればJ1の他のチームどころか欧州のチームでも引手あまたなのではないのでしょうか。どれくらいの移籍金を設定しているのか気になる所ですね。

 

 

スポンサーリンク

昨シーズン大活躍の都倉の2019年の年棒は?

 

 

昨シーズンはキャリアハイのリーグで12得点、コンサ在籍期間の5年間でクラブ歴代最多得点となる72得点を記録したエースとっくんが、さらなる成長を求め愛するクラブと街を離れる決断を下しました。

 

12月20日に都倉賢選手のセレッソ大阪への完全移籍が正式にリリースされました。複数年契約で推定年俸7,500万円がセレッソ側から提示されたという一部報道もあります。札幌側はそのオファーに対して、年俸の上乗せの再提示はしたんですか?

都倉賢のC大阪移籍の「舞台裏」をコンサドーレの三上大勝GMに聞いてみた(村上アシシ) - 個人 - Yahoo!ニュース
北海道コンサドーレ札幌の三上大勝GMにインタビューを行い、都倉賢選手のセレッソ大阪への完全移籍について、メディアで語られていない裏話を伺った。

 

推定7500万円の3年契約で総額2億2500万円の大型契約とのことで、まぁお金が全てではないにしろ33歳の選手に対しここまでの条件を提示してくれたらそれはしょうがないですよね。

 

報道当時は、「薄情者!」「金の亡者!」「裏切り者!」などの声が上がっていましたが、わたしは彼らしいなーと思いました。

 

年齢とか関係なく失敗を恐れずにチャレンジし続ける姿勢が本当に好きです。彼は常々「成長には外部的要因も必要」と公言していましたし、海外移籍に挑戦していた時期だってあります。

なので正直に言うとやっぱり寂しい気持ちもありますが、やはりたとえライバルチームに移籍したとしてもアツい男とっくんをコンサ戦以外は応援していきたいです!

 

スポンサーリンク

まとめ|コンサはJ1の18クラブ中15位・・・。

 

クラブチーム 選手年棒総額
ヴィッセル神戸 49億1220万円
浦和レッズ 15億2020万円
川崎フロンターレ 13億5980万円
サガン鳥栖  13億2280万円
名古屋グランパス 12億7730万円
鹿島アントラーズ 10億8220万円
ガンバ大阪 10億3560万円
セレッソ大阪 10億830万円
FC東京 8億6320万円
ジュビロ磐田 8億840万円
清水エスパルス 7億4850万円
サンフレッチェ広島 6億4770万円
横浜F・マリノス 5億9800万円
松本山雅FC 5億7640万円
北海道コンサドーレ札幌 5億6240万円
ベガルタ仙台 5億2000万円
湘南ベルマーレ 4億6440万円
大分トリニータ 2億4840万円

 

こうやて見るとコンサドーレ札幌のコスパの良さは凄まじいですね。もはや異常値です。チャナティップなんか倍の金額でも手を上げるチームは世界中に何チームもいるのではないでしょうか。

 

他のJ1のクラブチーム別年棒金額だと18チーム中15位で1位のヴィッセル神戸と比べると40億円ほどの差があります。まぁ、これはイニエスタ一人の金額が桁違いに大きいことが要因なのですが、こういった数字を見ると金満チームが羨ましくなったりもします・・・。

 

しかし他のクラブと比べても仕方ありません。コンサドーレはコンサドーレなのですから。野々村社長の手腕により年々クラブの売上、運営費は上がってきてますので我々ファンも少しでもコンサドーレの選手の年棒が上がるよう力になれるように応援していきましょう!

 

 

 

まだDAZN未加入の方は、まずは1カ月無料のお試し期間をぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

 

 \1カ月無料でDAZNをお試しする!/

 DAZN公式サイトはコチラ

 

\ドコモユーザーの方はこちらから♪/

 DAZN for docomoはコチラ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました